職務経歴書も立派な選考書類

 履歴書とともに職務経歴書はかならず提出します。アルバイトやパート、派遣社員のものや、長期にわたって職務経歴がない場合にはなにをしていたかなどを記載します。この職務経歴書、自分がただ単に何をやっていたかのみ書いていませんか?もし心当たりがあるならば是非改善してみましょう。

 

職務経歴書は貴方が何の分野で即戦力になるかの棚卸し

 たとえば同業他社でも、やり方が違えば慣れるまで長期・短期にかかわらず時間がかかるのは当然です。人事部や人がほしいところは、中途採用でも入ったあなたに慣れるまでただ見てもらっていたり、先輩の後ろにくっついてもらっているだけを望んでいるわけではないのです。ですので、入社したら何ができるのか?ということを先方も頭の中で描いています。それにぴったり合致するかどうか?は職務経歴書の詳細で判断せざるを得ません。

 

何をやっていたのか、のみならずどのような結果を残したかもしっかり書こう

 たとえば、営業の場合にはノルマ達成の度合いや社内賞の受賞歴。事務の場合には従来のエクセルシートをこう改善して業務効率化をすすめたなど、積極的に取り組んだ姿勢を職務経歴書で見せると、先方でもまかせられる仕事がイメージしやすくなるでしょう。