ニートまたはフリーターでも、公務員になれるチャンスはあるのです。しかも年齢は問わない求人だってあるのえdす。また、公務員の求人のなかには、実は職歴や学歴を問わない場合も多いのです。とは言え、正確に言ってしまえば「正職員」の公務員になるのには、年齢制限が設けられていますので、万人に門戸が開かれているわけではありません。

 

 しかしいわゆる「見なし公務員」とも言われている「臨時職員」や「嘱託職員」に関しては、冒頭でも述べた通り職歴や学歴の制限が設けられていない求人は実は結構多いのですよね。それに、職歴のブランクが何年あろうとも、本人の不安や心配を裏切るかのごとく、あっさり採用となってしまう場合も多いのですよね。

 

 たとえば、給食を調理する調理員、学校などにいる公務補さん、野犬を集める仕事をしている人も実は自治体の嘱託職員だったりするのです。そして、臨時職員は1年の契約なのですが、数年臨時職員をやった後に、定年まで勤務できる嘱託職員になる場合も非常に多いのです。ですから、仕事っぷりが真面目でしたら、嘱託職員としての雇用も開かれるでしょう。公務員の求人は、主にハローワークにて出されていることが多いですし、ハローワークのインターネット版は全国各地の求人を検索することができますので、利用してみるといいでしょう。